性病と前兆と発症について

性病の一つに、カンジダがあります。

よく言われていることですが、カンジダは、性交渉を行ったことなどないお子さん、小さなお子さんなどにも発症する性病であり、また同時に、生理前などに発症しやすい性病であり、このことから、生理前になると前兆として、カンジダのかゆみが膣の辺りに出てくる女性もいるため、生理になる予兆、前兆として、ある意味、分かりやすい性病でもあります。

カンジダが発症する時には、インフルエンザや風邪、または大きなストレス、寝不足、大きな疲労など、体力が急激に落ちた際に症状が出てしまうものであり、女性の場合には、上記のように生理前になる人がとても多く、その場合には、産婦人科や婦人科で、膣内を消毒してもらい、抗真菌薬を、膣内に投入してもらうことで、カンジダのかゆみを治すことが出来ます。

また、上記のようにインフルエンザや風邪などを治すために使われる、抗生物質を服用、または点滴などで投与された後に、カンジダ症になることがあり、なかなか油断が出来ない性病の1つです。

民間療法として、カンジダを治す方法として、海外にはいろいろなやり方があり、その一つとして、にんにくを膣内に投入することで、カンジダ菌を殺し、カンジダを治す、このような方法があります。

ただ、あまりにも長く投入していると、膣内に酷いぶつぶつが出来てしまうことなどもあることから、自己責任で行うことが必要であり、最も早く、確実にカンジダを治すためには、やはり産婦人科や婦人科で、膣内を消毒してもらい、同時にしっかりと、体力などをつけ、栄養などを体に取り入れ、しっかりと健康的であることが、最もカンジダを発症させない方法の一つとなっています。