性病と肌荒れとストレスについて

性病の一つにカンジダというものがあります。

カンジダは、性交渉のせいで発症する、このように思われていますが、必ずしも、性感染症ではなく、風邪や精神的なストレス、または体力不足、免疫力の低下、睡眠不足、大変な疲労などのように、体の力がかなり落ちてしまった時などにカンジダの症状が出ることがあります。

また、上記以外にも風邪をひいてしまった際や、膀胱炎の際に、治療で、抗生物質を投与された後、または服用をした後に、このような性病であるカンジダになってしまうことがあるのです。

上記のような状態で起こるものであるので、当然ですが、疲れがたまっている時に、カンジダにはなりやすく、肌荒れなどが、酷く顔に出てくるケースもあります。

その場合には、やはり、疲れなどから肌荒れが発症してしまい、同時に、上記のように風邪などをひいてしまって、腸内に悪玉菌がたまり、便秘などの風邪をひいてしまった場合にも、悪玉菌が体の中にうろついているため、その影響で、肌荒れが普段より酷くなり、さらに風邪のせいで飲む、風邪薬などの抗生物質の影響で、カンジダになってしまうことがあります。

カンジダは、女性の場合だと、チーズのようなにおいが下着から出ていたり、おりものが黄色く、ぽろぽろとしたものが出てしまったり、酷い場合には、強い炎症を伴うケースがあります。

症状があまりにも酷い時には産婦人科などで検査をしてもらい、治療をしてもらうことで治すことが出来ます。

カンジダは、上記でもふれましたが、決して性交渉などで起こる病気ではなく、風邪や精神的な思いストレス、酷い寝不足などや、体力の消耗、など、体が疲れ切ってしまっている時に、とても発症しやすい病気です。